地域おこし協力隊 「佐久島体験プログラム」開催

  • 投稿日時:2021年05月26日
  • カテゴリー:最新情報

今春、地域おこし協力隊 「体験プログラム」を行いました。

 

 


地域おこし協力隊希望者
の方に、いきなり島での暮らしをはじめてもらうのではなく、3日間  佐久島に泊まりながら、今後おこなう活動をお試しで体験していただきました。

 

特産品の「サクのいも」の植え付け作業や、藻場の再生活動であるアマモとり作業などの見学・手伝いなどを、地元中学生や島の人たちと一緒に活動することで、島で暮らすということを肌で感じてもらいます。

 

特産品「サクのいも」の植え付け作業のお手伝い。

 

これがアマモ。藻場は、豊かな漁場に欠かせない海の森です。

 

地元小・中学生、島民と、アマモの種とりのためのアマモとり作業。

 

地域おこし協力隊 島民交流会関係

島民も含めた交流会を開催。

 

 

佐久島の各団体の方とも顔合わせを通じて、受入側の思い と 活動する側の思い を確認しました。

交流会のなかで、「佐久島に目をかけてくれてうれしい」という島民の方からの言葉も。
こうした地域おこし協力隊の取り組みを通じて、多くの方にも佐久島での暮らし に興味をもってもらえることを願って…

 

今後の活動については、改めてご報告いたします。
お楽しみに!

 

 

 

地域おこし協力隊とは…

佐久島の観光振興活動、産業振興や産業創出活動、また環境整備や保全、地域おこしに関する支援活動、地域コミュニティに関する活動などを、島で暮らしながら関わりをもち、いずれは、『島での定住・起業』を図れる手段になることを目標とした取り組みです。 ▶詳細はこちら