【中止】令和2年3月15日(日)39の市

令和2年3月15日(日)に開催予定をしておりました『第8回 39の市』は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、開催中止を決定いたしました。
以下は39の市実行委員会から令和2年2月26日に発表された内容です。


39の市 開催中止に関するお知らせ

3月15日(日)に開催予定でした「第8回39の市」に関しまして、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、中止を決定いたしました。

本日(2月26日)の政府の対策基本方針と、佐久島東西区長からの要請も踏まえまして、多くの方が来島する39の市の実施は困難と判断致しました。

島の方々、出店者のみなさん、そして39の市をたのしみにきてくださるお客さん、多くの方のおかげで、少しずつ島に根付いたイベントに成長してきた39の市です。

ここ、佐久島は人口の50%以上が高齢者で、そのひとりひとりが島の暮らしを維持するために大切な存在です。
70代、80代でも現役バリバリで畑仕事や海で漁をするかっこいいじいちゃんばあちゃんがたくさん住んでいます。

今回のような予期せぬ事態の対応にとても悩みましたが、39の市を行うことの意義、島の暮らしに大切なこと、そして今後も佐久島で島の方々にも愛される39の市を続けていくためには、まず今は、島民の方の不安のない日常を守ることが大切だと思いました。
政府方針の2週間より先の日程となるので、少し早いですがこのタイミングでの開催中止を決定することにいたしました。

39の市がより島に根付き、多くの方が心待ちに楽しみにしてもらえるイベントになっていけるよう、今後の方向性や企画についても考えてゆきたいと思います。

また、立ち上げから今年度まで、愛知県事業として支えてもらっていた39の市ですが、来年度より佐久島の39の市実行委員会として完全自立してやってゆくこととなります。
島民の方、出店者の方々と協力してより、ますます佐久島らしい、より魅力的な39の市にしてゆきたいです。

 

次回、来年度第9回を10月25日(日)、第10回を3月7日(日)に開催を予定しております。

まずは、このコロナウイルスの感染拡大が少しでも早く収束することを願い、
心身ともに健やかであれるよう、必要最低限の感染予防はしつつ、
混乱に乗じたデマや必要以上の不安に負けず過ごしましょう。

そして10月、39の市をたくさんの方に楽しんでもらえるようにここ佐久島でお待ちしております。

 

39の市実行委員会