自然観察会 第三弾「佐久島の地質編」

自然が生み出した地層の美しさを佐久島の絶景と共に。

今回は専門家の先生方を講師に招き、佐久島の化石や地質について教えていただきます。

佐久島の新しい魅力に巡り会えるかも!

当日はコロナ対策を行い、動きやすい恰好でお越しください。

軍手もお忘れなく。

日  時:  12月13日(日)※悪天候中止

時  間: 10:00~12:00

集合場所: 東港渡船場(佐久島)

定  員: 20名(受付先着順) ※事前予約は行っておりません。

参加費用:  無料

    : アウトドア向きの動きやすい服装、靴、帽子、軍手・マスク

講  師
内田義和先生(西尾市史自然編執筆員/岡崎学園高校副校長)

吉村暁夫先生(西尾市史自然編調査員/日本地質学会会員)

山本康孝先生(西尾市史自然編調査員/日本地質学会会員)

 

観察場所
東港の東側付近から海岸に降りて化石を観察しながら歩きます。また、筒島、新谷、丹梨などの海岸沿いに地層や異常堆積構造、断層なども観察しながら歩きます。

 

★ご参加のみなさまへ★
※新型コロナウイルス感染防止のため、当日ご参加の方は必ず下記について守ってください。

①発熱、風邪、味覚障害等の症状がある。または具合の悪い方は参加をおやめください(当日検温を行います)。
②マスクは必ず着用してください。
③こまめに手洗い、消毒をしてください。
④人と人との間隔を十分にとってください。

接触確認アプリ(COCOA)のインストールをお勧めします。