食とアートの交流会 メニュー発表!


3月4日(土) 食とアートの交流会【※要予約】でふるまわれるオードブルのおしながきが決定!

●西尾産蕎麦粉の西尾産抹茶蕎麦を西尾のほうろく屋のなたね油と吉良の塩田の塩でマリネ。
紗羅餐作の蕎麦は噛みしめると、てん茶(抹茶になる前の茶葉)の風味がフレーバーとして広がる一品、情熱を込めて作る「ほうろく屋」のなたね油のコクがまた素晴らしいです。

●菜の花の辛子たまり和え。
はと屋製「本かえし」(たまりと味醂)に辛子を加え和えました。
当日は佐久島産の花を添えます。まさに春の味覚です。

●西尾の牧場の工房「酪」で作るモッツァレラチーズに西尾産のプチトマトを添えてたカプレーゼ。

●西尾オインク豚の低温調理ポーク焦がし醤油風味。
65℃4時間の低温調理でしっとりと作るポーク。焦がし醤油の風味が大人テイストです。

●はと屋MISODIP。
プレートに味の変化をつける味噌デイップ。
味噌醤油に西尾相生ユニビオの味醂、尊王の日本酒で調合しました。
砂糖不使用で醸造の旨味と甘みを味わいください。

 

会場には1杯100円の日本酒試飲コーナーも!
タイプのことなるお酒を「飲み比べ」することができます。
またノンアルコールとして西尾茶や佐久島会場協力企業のMizkanのサワードリンクも用意します。

アーティストの方と交流しながら、西尾の素材にこだわったオードブルと酒蔵「山﨑」の日本酒で、西尾市のユタカな食文化を再発見してみませんか?

 

↓ご予約はコチラ↓
【交流会の問合せ・申込先】オフィスマッチングモウル 
電話:0564-58-2787(土日祝日をのぞく10:00-18:00)
E-mail : office@m-mole.com